コラム

  1. こころからだクリニック
  2. うつ病・躁うつ病
  3. 軽躁状態ってどんなの?
  4.    

うつ病・躁うつ病

軽躁状態ってどんなの?

 

 私は、うつ状態でお見えになった方には、必ず「頭も体も軽くて、頑張り過ぎていた時期はないですか?」と聞きます。

 もし「ない」とおっしゃっても、うつ状態が典型的ではない場合には、

・「寝る時間を惜しんで、何かに没頭していた時期はありますか?」

・「次々とアイデアが浮かんで、過活動していた時期はありませんか」

・「友達にテンションが高くて、心配されたことはないですか?」

・「何でもできるように感じて、爽快に動き回っていた時期はないですか?」

などと表現を変えて、確認します。

 

 いろいろな確認の仕方をしても、軽躁状態は見つけられないことがあります。

 それは、軽躁状態というのは、双極性障害の方にとって、本来の状態(本調子)だと思っておられることが多いからです。

 そのため、いくら聞いても「そんなことはない」ということになります。

 周りの人の方が、よっぽどその人のことをよくわかっていることもあるので、同伴された家族や友人に聞いてみて、初めて軽躁状態が発覚することもあります。

 

 なぜこれを知りたいかというと、うつ状態の方の中に、双極性障害の方が一定の割合で混じっているからです。

 双極性障害は上記のような理由から見逃されやすく、うつ病の治療を始めて、数年経ってから、躁状態や軽躁状態をきっかけに、ようやく診断が双極性障害に切り替わることも多くあります。

 

 治療についてはどうかというと、うつ病のうつ状態と、双極性障害のうつ状態とで、もちろん治療法が異なります。

 うつ病は、新規抗うつ薬(SSRI、SNRI、Nassa)をメインで使いますが、双極性障害では、気分安定作用のある薬(クエチアピン、オランザピン、リチウム、ラモトリギンなど)を用います。

 うつ病と双極性障害では治療薬が異なるため、診断がとても重要になります。治療が違っていると、当然良好な経過は得られません。

 

 うつ状態の方が受診される場合には、自身の若い頃から気分の浮き沈むがなかったかを振り返ってみたり、家族や友人に過去にテンションが高い時期がなかったかについて聞いてきたりしてみてください。

 診断の助けになりますので、大変助かります。

 今回は、軽躁状態と双極性障害について触れ、受診の際のお願いを最後に付け加えさせてもらいました。参考になれば幸いです。

 

 

 

 

2020.03.05 | うつ病・躁うつ病,医師のこと・医院のこと,心療内科