当院について

  1. こころからだクリニック
  2. 当院について

当院について

ご挨拶

こころからだクリニックは
心療内科と漢方内科の診療を通じて
心や身体に不安を抱えて来院される 
患者様一人ひとりへの
最適な医療の提供を目指します

幸せにあふれた地域社会の実現に貢献し
地域の皆様に愛されるクリニックになるよう精進します

こころからだクリニック
院長 佐竹良樹

当院の特徴

精神科医として、漢方内科医として、患者様一人ひとりに寄り添い、心身の不調に向き合ってまいります。

当院の得意としている患者様

  • 従来の心療内科の患者様
  • 従来の漢方内科の患者様
  • 漢方治療が可能な心療内科の患者様
  • 心療内科で向精神薬の治療を続けながら、漢方治療も取り入れて治療をする患者様

ビジョン

心療内科と漢方内科を柱として、「患者様のこころとからだの健康」を追求しながら、普段の「暮らし方」という側面でも、「健康とは何か」について一緒に考えていきたいと思っています。
当院のある【5/R】には、漢方専門薬局、鍼灸・アロマサロン、ボディーワークスタジオ、薬膳レストラン、セミナールーム、音楽ホール、アートギャラリーがあります。
そこから提供される専門情報と、五感を刺激する体験は、「こころとからだのあるべき形」を発見する一助になるのではないかと考えております。
「”こころとからだ”がより良くなるきっかけ」となるようなこれらの体験を、クリニックとしても提案していけるように尽力してまいります。

院長紹介

「こころの拠り所」「気軽な受診の場」でありたい

「こころの風邪」という言葉をきっかけに“うつ”という病気が身近になりましたが、今日ではうつ病だけでなく、他に多くの精神疾患も身近になってきています。その原因である生活のストレスは増える一方であり、さらに「心の在り方が大切になる」ことは明らかです。

精神状態の抑揚を恥じることはありませんが、残念なことに偏見のようなものがあります。そのイメージを取り払い、「風邪っぽいから、病院にいこう」その感覚で通える場所をつくりたい。生活にもっと身近な「こころの相談相手」がいてもいい、そう考えるようになりました。

当院の特徴でもある漢方。漢方への学びを深めたきっかけは、向精神薬への依存や多剤併用療法の問題でした。薬物への依存に対して「医師として何かできないか」という思い。そして、東洋医学を学びはじめ、漢方の専門的な研修を受け、漢方の効果や守備範囲が肌感覚としてわかるようになりました。

同時に、漢方に関わることで現場での問題をより強く感じるようになりました。メンタルクリニックで漢方治療によって治る人が向精神薬で治療され依存になってしまう現実、そして漢方のクリニックで向精神薬によって治療すべき人が漢方で改善しないまま経過観察という現実…
医師として患者様へ最適な解決策を提案したい。その思いは強くなり、従来にはないクリニックの開業を決意しました。

開院に際しての多くのご支援をたまわりました。本当にありがとうございます。初心を忘れず、地域の方の心の拠り所となり、気軽に受診できる身近なクリニックを目指してまいります。

こころからだクリニック
院長 佐竹良樹

略歴

2005年3月名古屋市立大学医学部卒
2005年4月一宮市立市民病院初期研修
2007年4月豊田厚生病院後期研修
2010年4月松蔭病院精神科
2017年4月ココカラハートクリニック心療内科・漢方内科
2019年10月こころからだクリニック開院 

資格

  • 精神保健指定医(厚生労働省)
  • 精神科専門医(日本精神神経学会)
  • 精神科指導医(日本精神神経学会)
  • 臨床心理士(臨床心理士資格認定協会)
  • 認定産業医(日本医師会)
  • 麻酔科標榜医(厚生労働省)など

所属学会

  • 日本精神神経学会
  • 日本東洋医学会
  • 日本認知・行動療法学会
  • 日本産業衛生学会
  • 日本内科学会など

院内紹介

  • 待合
    長いベンチが奥の窓際まで続いています。
  • 受付・会計
    当院では、プライバシーを守るため、お名前ではなく、番号でお呼びしております。
  • 待合奥
    窓際のカウンターには、スマホ、携帯電話を充電できるようにコンセントを設置しています。本棚には、ファッション雑誌や週刊誌、こころやからだに関する本を並べています。
  • 診察室1
    ここがメインの診察室になります。安心してお話しできるように、患者様のお声が漏れない工夫をしています。壁や天井裏には吸音素材を敷き詰め、スライドドア部分の隙間も極力小さくしてあります。漢方の身体診察の際には、診察ベッドを用います。
  • 診察室2
    こちらがサブの診察室です。診察室1と同じように声が漏れないように施工しています。
  • 相談室1
    各種相談を行う部屋です。狭い部屋なので、圧迫感を感じにくいように窓も設けています。声の漏れを防ぐため、二重ガラスを使用しています。
  • 相談室2
    心理検査や各種相談を行う部屋です。窓際の明るい部屋です。生薬関連の絵が飾られています。
  • 処置室
    ここでは、採血や心電図検査を行います。

当院でできる検査

心理検査

治療の効果を一緒に確認していくために、必要に応じて心理検査を行います。詳しい心理検査については実施までお時間をいただくことがあります。

血液検査

以下のような場合に血液検査が必要になります。

1.疾患の発見

甲状腺機能異常や電解質異常、ビタミン欠乏、貧血、女性ホルモン、男性ホルモンの低下などによって、うつ状態やその他の精神症状が出現することがあります。

2.副作用の早期発見

  1. 精神科のお薬により高血糖や血球異常、電解質異常、肝障害、腎障害などの副作用が起こることがあります。
  2. 漢方薬により電解質異常や肝障害などの副作用が起こることがあります。
  3. 安全のために血中濃度を測らないといけない薬(気分安定薬など)があります。

3.その他

定期的な血液検査を行っていないと、重大な副作用があったときに「医薬品副作用被害救済制度による薬害補償」が受けられないことがあります。

心電図

心電図でQT間隔が延長している方が、いくつかの精神科の薬を飲むと、重篤な不整脈を起こしやすくなります。
安全のために、この心電図異常の有無を事前に確認する必要があります。
その他、胸の痛みや動悸などの症状がある場合にも必要になります。

睡眠時無呼吸検査

自宅で行える睡眠時無呼吸の簡易検査をすることができます。
睡眠時無呼吸症候群の眠気や倦怠感、集中力の低下が、うつ症状と見分けがつきにくい場合があったり、うつ病を合わせて発症している場合があったりします。

サーモグラフィー

漢方治療の際、全身の状態を把握するために、全身の皮膚温を確認することがあります。