コラム

  1. こころからだクリニック
  2. 医師のこと・医院のこと

医師のこと・医院のこと

当院が実践していきたい医療のかたち

心の不調で来院される患者様に、当院が実践していきたい医療のかたちがあります。今回は、そのかたちを二つに分けてお話しします。

まず一つ目は、精神科医と漢方医として2つの視点から、治療を提案していくというものです。漢方薬で治すことができない精神疾患はもちろん多くありますが、一方で漢方薬で治すことできる心の症状というのも多くあります。また、向精神薬で通院中に漢方薬が得意とするちょっとした不調がでてくることもしばしばあります。精神科専門医・指導医として責務を果たしながらも、漢方薬で効果が期待できる病態であれば、漢方内科医の視点から新たな選択肢を提案していきたいと思っております。

二つ目は、安心して治療を受けていただくためにとても重要なことです。漢方薬と言っても副作用がないわけではありません。漢方薬をいくつも重複して使用したり、漫然と長期間服用したりすると、当然副作用は出やすくなります。また、向精神薬についても、もちろん副作用はあります。治療開始時に作用の出る前兆としてでてくる一時的なものから、すぐに中止をしなければ危険なものまでいろいろあります。漢方薬と向精神薬のメリットを比べるだけでなく、しっかりと双方のデメリットも比べ、それぞれのリスクをお伝えしたうえで治療を選んでいっていただきたくのが本来あるべき形です。つまり、説明もなく出された薬を服用するのではなく、インフォームドコンセントをしっかり受けていただいたうえで安心して治療を受けていただければと考えております。

以上のように、精神科医と漢方内科医の二つの視点から考えうる最善の選択肢を提案し、それぞれのメリット・デメリットをしっかり説明したうえで、安心して治療を受けていただくという、当院の考える理想の医療のかたちを実践していくつもりです。どうかよろしくお願いいたします。

2019.09.28 | 医師のこと・医院のこと,心療内科,漢方内科,漢方治療について,精神科治療について

精神科を掲げていない理由

 心療内科と精神科という診療科の違いをその成り立ちからお話し、当院が精神科専門医であるにも関わらず精神科を看板には載せていない理由にも触れます。

 まず、当院が標榜し看板にも載せている心療内科についてです。「内科」という言葉は、19世紀になって医学分野から「外科」が独立して別れたときからはじまり、現在では循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、腎臓内科など臓器によってかなり細分化されていますが、臓器ではない分けられ方をしている内科分野があります。それが「心療内科」です。1963年に九州大学で積極的に心理療法をおこなう内科というところから「心療内科」が始まりました。既に東京大学で標榜されていた「物療内科」と対比する意図もあったのかもしれません。身体症状を中心とする神経症や心身症をおもな対象し、心身医学的な診療および研究が行われています。


 次に、精神科専門医でありながら当院では看板には載せていない「精神科」についてです。精神保健の歴史は非常に古くからあるものの、精神疾患が本格的に医学として扱われるようになったのは19世紀末にエミール・クレペリンによって精神障害が分類されるようになってからになります。精神科は当初は統合失調症などの精神病を主な対象としていましたが、そして徐々に統合失調症や躁うつ病、うつ病、認知症などの疾患だけでなく、新しい概念を作りながら、発達障害などの従来には治療対象をしていなかった疾患にまで診断や治療、研究の対象を広げています。今後も疾患の概念が広がって、さらに精神医学の対象とする範囲も広がっていくかもしれません。

  成り立ちから考えると「心療内科」と「精神科」では大きく異なるものの、 精神医学の治療対象の広がりによって、現在では心療内科と守備範囲がかなり重なり合うようになってきていますが、クリニックの標榜科という点では見方が変わります。それは何かというと、やはり「精神科」の古いイメージがまだまだ残っているということです。年配の方ではこの傾向が強く、精神科を看板に掲げることによって、受診の敷居がとても高くなり、敬遠されてしまう方が多くおられます。

そのため、当院は軽症の方でも早い段階で受診しやすいように「精神科」をあえて掲げておりません。「精神科を標榜していなから大丈夫かな。ちゃんと診断や治療をしてくれるのかな。」と心配せず、このような意図をご理解いただければと思います。当院は漢方内科も併設しておりますので、小さな不調からでも心配なさらずにご相談ください。

2019.09.21 | 医師のこと・医院のこと,心療内科,精神科全般,精神科治療について

漢方の見立てには詳しい問診と診察が必要

漢方を勉強していると、中医学でも和漢(日本漢方)でも、主訴以外の全身の症状や身体診察所見が非常に重要であることがわかってきます。目の前にいらっしゃる患者様の情報を細かく聴取していると、漢方薬の効果の判定にあたって主訴以外の身体の変化まで観察することができ、これは私には大きな意味があります。自分の立てた病態仮説が合っていたのかどうかについて、目の前にいらっしゃる患者様とともに答え合わせをすることができるからです。診察では、(必要に応じてですが)頭から足先までの状態や症状の詳細を100項目以上にわたり確認したうえで、さらに追加の問診をして、ある程度の見立てを行い、最後に体の診察で見立てを固めていきます。私にはありがたいことに尊敬する漢方の師匠がいます。師の鋭い洞察に触れるたび、自分の病態解釈の甘さに気付かされ、心が引き締まると同時に、勉強への意欲と気合をもらえます。少しでも漢方薬の打率が上がり、患者様のこころとからだの健康のお役に立てるよう勉強に励んでいきたいと思っています。

漢方内科を受診される患者様や、心療内科で漢方治療を希望される患者様には、診察前に詳しい問診票への記入をお願いしています。お手間ではありますが、患者様に合った漢方薬を見つけるためには必要なことですので、ご理解とご協力をお願いいたします。

2019.09.08 | 医師のこと・医院のこと,漢方内科,漢方治療について