コラム

  1. こころからだクリニック
  2. 漢方治療について

漢方治療について

漢方治療で効果が見込める精神疾病

 心療内科の患者様で漢方治療を希望されてこられる方は多くおられますが、注意しなければならないことがあります。それは、そもそも漢方治療を行っていい疾患かどうかということです。 

 精神科では、精神疾患を「精神病」と「神経症」とに大きく二つに分けることがあり、「精神病」とは幻聴や妄想、激しい気分変動など現実と非現実が区別がつきにくい状態を言います。この「精神病」にはいろいろな病気がありますが、代表的なのは統合失調症や躁うつ病です。これらの疾患には、ほとんどの場合漢方薬は効きませんので、抗精神病薬や気分安定薬などの西洋薬による治療を行う方がよいと思われます。

 また、「精神病」とは違いますが、てんかんや認知症などの中核的な症状についても漢方薬は基本的には効きません。ただし、怒りっぽい、イライラする、落ち着かない、不安が強い、などの周辺の精神症状には、漢方薬が効果が見込めます。

 ほかには、中等度から重度のうつ病の抑うつ症状も、漢方薬では効果不十分であることがほとんどです。ただし、軽症の抑うつ症状や、うつ病治療中の身体の症状などには、漢方薬は有効ですので、試して価値は十分あります。

 上記した病態や疾患には、漢方薬では太刀打ちできないことが多いですが、それ以外の疾患については漢方治療が有効であることが多くあります。とくに、「神経症」や「心身症」と言われる状態は、漢方治療が得意としているところです。

 「神経症」とは、社会的な環境や、抱えている心理的な影響から、不安やイライラ、恐怖、葛藤、苦悩など、社会の中で生きている人であれば理解できるような範囲の精神症状の場合のことを指します。些細なことで不安になったり、イライラしてしまうなど、くよくよして後悔してしまう、一度気になったことが頭から離れない、などの誰しも経験するような症状です。 このような「神経症」には、漢方薬が有効です。

 「心身症」というと、普段から不安緊張が強くて、頭痛がよくする、汗をかきやすい、動悸がよくする、お腹が痛くなりやすい、胃のあたりが痞える、お腹が張って食べられない、出勤前に下痢をしやすい、喉が詰まる感覚がよくする、緊張感が解けず夜に寝つきがよくない、などなど、社会生活をしている人であれば、ストレスが気づかぬ間に溜まって、誰でも大なり小なり身体の不調がでてきます。「心身症」とは、このような病態のことをいいます。この「心身症」には漢方薬のもっとも得意とする病態の一つです。各診療科で調べてもらってとくに異常がなければ、漢方薬を試してみる価値が十分あります。

 まとめると、精神病や認知症、てんかんなどの中核的な症状には漢方薬は効果は見込めませんが、それ以外の「神経症」や「心身症」には漢方薬で十分効果が見込めます。今日は、先に漢方治療が難しい疾患に触れて、そのあとで治療可能な心身の病態を説明しました。受診のときの参考になれば幸いです。

2019.10.08 | 心療内科,漢方内科,漢方治療について,精神科全般,精神科治療について

当院が実践していきたい医療のかたち

心の不調で来院される患者様に、当院が実践していきたい医療のかたちがあります。今回は、そのかたちを二つに分けてお話しします。

まず一つ目は、精神科医と漢方医として2つの視点から、治療を提案していくというものです。漢方薬で治すことができない精神疾患はもちろん多くありますが、一方で漢方薬で治すことできる心の症状というのも多くあります。また、向精神薬で通院中に漢方薬が得意とするちょっとした不調がでてくることもしばしばあります。精神科専門医・指導医として責務を果たしながらも、漢方薬で効果が期待できる病態であれば、漢方内科医の視点から新たな選択肢を提案していきたいと思っております。

二つ目は、安心して治療を受けていただくためにとても重要なことです。漢方薬と言っても副作用がないわけではありません。漢方薬をいくつも重複して使用したり、漫然と長期間服用したりすると、当然副作用は出やすくなります。また、向精神薬についても、もちろん副作用はあります。治療開始時に作用の出る前兆としてでてくる一時的なものから、すぐに中止をしなければ危険なものまでいろいろあります。漢方薬と向精神薬のメリットを比べるだけでなく、しっかりと双方のデメリットも比べ、それぞれのリスクをお伝えしたうえで治療を選んでいっていただきたくのが本来あるべき形です。つまり、説明もなく出された薬を服用するのではなく、インフォームドコンセントをしっかり受けていただいたうえで安心して治療を受けていただければと考えております。

以上のように、精神科医と漢方内科医の二つの視点から考えうる最善の選択肢を提案し、それぞれのメリット・デメリットをしっかり説明したうえで、安心して治療を受けていただくという、当院の考える理想の医療のかたちを実践していくつもりです。どうかよろしくお願いいたします。

2019.09.28 | 医師のこと・医院のこと,心療内科,漢方内科,漢方治療について,精神科治療について

漢方の見立てには詳しい問診と診察が必要

漢方を勉強していると、中医学でも和漢(日本漢方)でも、主訴以外の全身の症状や身体診察所見が非常に重要であることがわかってきます。目の前にいらっしゃる患者様の情報を細かく聴取していると、漢方薬の効果の判定にあたって主訴以外の身体の変化まで観察することができ、これは私には大きな意味があります。自分の立てた病態仮説が合っていたのかどうかについて、目の前にいらっしゃる患者様とともに答え合わせをすることができるからです。診察では、(必要に応じてですが)頭から足先までの状態や症状の詳細を100項目以上にわたり確認したうえで、さらに追加の問診をして、ある程度の見立てを行い、最後に体の診察で見立てを固めていきます。私にはありがたいことに尊敬する漢方の師匠がいます。師の鋭い洞察に触れるたび、自分の病態解釈の甘さに気付かされ、心が引き締まると同時に、勉強への意欲と気合をもらえます。少しでも漢方薬の打率が上がり、患者様のこころとからだの健康のお役に立てるよう勉強に励んでいきたいと思っています。

漢方内科を受診される患者様や、心療内科で漢方治療を希望される患者様には、診察前に詳しい問診票への記入をお願いしています。お手間ではありますが、患者様に合った漢方薬を見つけるためには必要なことですので、ご理解とご協力をお願いいたします。

2019.09.08 | 医師のこと・医院のこと,漢方内科,漢方治療について